2016年06月30日

野菜の手入れ

野菜畑に入れない!

 夏野菜を植付けるまでは結構畑の手入れを真面目にしていたのですが、今年の梅雨は良く雨が降るため水遣りの心配がありませんので、モモの世話など果樹の方に力が入って、野菜の方はほったらかしになっていました。そのためキュウリやスイカやメロンの蔓がドンドン伸びて通路を塞ぐようになっていました。おまけに妻が畑で虫に刺され全身に激しい痒み等の症状が出て畑にはいることが出来なくなったため、通路が通れなくなっても妻から何の苦情も出ませんので余計に手を抜いていました。
 今朝、妻からキュウリが無いけど出来ていないか見てきてと言われ、畑に行きました。4本のキュウリの蔓を南側フェンス沿いのネットに這わせていますが、蔓は手前の通路側にも伸びていて、通路を通るのも不便です。葉が余りに繁り過ぎてキュウリがどこにできているのか全く分かりませんので、今日は畑全体の整理をすることにしました。先ずは、キュウリの葉を間引くことにし、作業に取り掛かったところ、地面に近い部分は葉が繁り過ぎた為、うどん粉病になっている葉が目に入りました。このままでは全体にうどん粉病がひろがってしまうため先ず地面に近いところのある葉を大胆にカットして行きました。すると根元付近に大きなキュウリが横たわっているのが見つかりました。そのほかにもキュウリが隠れていて全部で4本のキュウリを収穫する事ができました。

   s-P6300004.JPG
 キュウリの下の方は葉を殆ど取って風通しを良くしてやりました。キュウリの前に植えたトマトやナスなどもスッキリしました。



次はトマトの整理

 ログでは基本的にトマトはトマト温室に植えています。来年の2月頃まで栽培を続けるため全部ミニトマトにしていますが、今年は普通のトマトも食べたいとのことですので「桃太郎」の苗も2本購入し、キュウリの苗の手前に植えていました。キュウリの葉だけでも繁り過ぎて大変なのに、トマトも脇芽をとらなかったため脇芽が何本の伸びてトマトの方も繁り過ぎの状態となっていました。トマトに絡まっていたキュウリの蔓を取った後、トマトの脇芽から伸びた茎も全部取るとフェンス沿いの畝はとてもスッキリしました。他の畝にもミニトマトの脇芽を苗としてあちこちに植えていましたが、雨が多かったため全てが大きく育ってあちこちの畝でミニトマトが繁り過ぎの状態となっていましたので、育っていたミニトマトを何本か抜いたり、脇芽をとってスッキリさせてやりました。

   


トウモロコシも順調に

 今年はトウモロコシの苗をたてる時に古い種を使ったところ1本も芽が出ませんでした。後日新しい種を購入して苗をたてましたが平年より20日余り苗作りが遅れたため生育が心配でした。後日、苗物屋さんでジャイアントコーンと言う大きなトウモロコシの苗を見つけ10本ほど植えましたが、両方の苗が順調に育ち穂が出始めました。この調子で行けば収穫までこぎつけることが出来そうです。

   s-P6300005.JPG
 自分で立てた苗を植えたトウモロコシも随分大きくなりました。穂も出始めています。

   s-P6300006.JPG
 初めて植えた大きな実が成るジャイアントコーンです。どんなに大きい実が出来るか楽しみです。



スイカもメロンも実が付かない

 毎年、畑にスイカとメロンを植えていますが、満足できるような収穫は一度も有りません。今年もスイカと新しい品種のメロンを植えました。雌花が出来るたびに人工授粉してやったのですが、結局スイカは2個しか実が出来ず、メロンに至っては1個しか実が付いていません。蔓は立派に育っているのですが、今年は蔓の整理を全くしていないため、蔓ばかり伸びて花の方に栄養分が行っていないのかも知れません。スイカはずいぶん大きくなっていて、7月下旬には大勢で食べられそうですが、メロンは小さいのが1つだけですのでどうしようも有りません。

   s-P6300007.JPG
 スイカはすでに店頭に並んでいる位の大きさに成長しています。まだまだ大きくなってくれると思います。出来れば4.5個は収穫出来るとモグジーも満足できるのですが。


   s-P6300008.JPG
 メロンはこの1個だけが出来ているだけです。人工授粉をしても皆枯れてしまうのです。他の品種であれば20個近くは収穫でしていたのですが残念です。味は良いかも…。

posted by モグじー at 22:31| 徳島 ☁| Comment(2) | 野菜作り日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

モモの収穫が始まる

矢張り全体的に小粒です

 桃子の方のモモの収穫が始まりました。今年のモモ栽培では摘果が充分でなかったため、生育が良いものと悪いものとの差がはっきりと出ました。具体的には太陽が当る樹の上部にある実(数十個)は生育が良く濃いピンクに色付き大きさも直径7.8aありますが、太陽が当らない樹の内部や下の方に在る実(180個余り)は生育が悪く濃いピンクの部分が殆どありませんし大きさも直径数a程度です。この1週間で小さなモモを中心に地面に落下したり袋の中で落果たモモが数十個有りました。落果した実は中に虫が入って食い荒らされたモモと生育不足で自然落果したモモでした。虫が入った方はそれなりに甘かったのですが、それ以上生育が出来なくて自然落果した方は甘みが殆ど有りませんでした。
 そして、昨日ぐらいからは大きくなってい濃いピンクに色付いたモモが袋の中で落果し始めました。多分完熟して袋の中で自然落果したものと思われ袋を開けるときれいなモモが出てきました。やっと今年のモモの収穫が始まったようです。これから1週間モモの収穫が続きます。しかし、残念なことに収穫したモモの中に病気になったモモがいくつか見つかりました。お尻の部分が円状に腐敗しているのです。この様な病状のモモを見るの初めてです。すぐに妻がネットで調べてくれこの病気は「モモホモプシス腐敗病」と言う病気だそうです。
 生育不足の小さなモモが落果するのは仕方ありませんが、折角大きくなって収穫できるのを期待していたモモが最後の最後で病気になってしまったのはとても残念です。この病気は梅雨時に発病することが多いそうですが、今年の様に雨が何日も降り続いているときは発病が多いそうですが、折角、縮葉病を克服できたと思ったら、また、別の病気に痛めつけられてしまいました。今後いくつのモモがこの病状で収穫を迎えるのか想像がつきませんが、無農薬で果物を育てることの難しさを改めて思い知らされたモグジーです。これからしばらくモモの収穫がブログに載ると思いますが、病気になったモモの数だけモグジーの涙が流れているとお察しください。

   s-P6290005.JPG
 落下したり収穫したモモの中で異変の有るモモはすぐに皮を剥いてきれいなところだけを生食にまわしますが、小さいだけで異変の無いモモはサンルームのテーブルに置いています。手前の大き目のモモは今日収穫したものです。遠くの小さいモモは自然落果した生育不足のモモです。


   s-P6290006.JPG
 今日収穫したモモできれいなものは6個ほど有りました。綺麗に色付いています。傷んだモモから優先して食べていますので口の入るのは先になります。

   s-P6290008.JPG
 6個のモモをお尻が見えるように並べてみました。傷も無く本当にきれいです。


   s-P6290003.JPG
 このモモは上から見るととてもきれいで美味しそうですが「モモホモプシス腐敗病」に罹っています。


   s-P6290002.JPG
 ひっくり返してみるとこの通りです。お尻の部分が円形に腐っています。今日収穫したモモの中で2個がこの病気に罹っていました。
posted by モグじー at 22:53| 徳島 🌁| Comment(0) | モモ・スモモ・アンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

残った猫フェンスの作成

二作目は簡単

 先日、ネコ用トイレの砂が飛び散らないようにするためのフェンスの作成を2個作るように長女から依頼を受け、先に試作品を作って長女宅に届けたところ、合格点を貰いましたので、今日残りの一つを作りました。構造や材料は全く同じで良いとのことでしたので、二つ目を作るのは非常に楽です。作業がドンドン捗り、半日で完成させることが出来ました。明日、長女に渡せば宿題を一つ済ませることが出来ます。この夏に赤ちゃんを出産する予定の長女からいくつかの大工仕事を頼まれていますが、やっと一つが終わりました。もう6月も終わりなので、残っている宿題をボチボチやらなければといささか焦っているモグジーです。

   s-P6280007.JPG
 今回使ったプラスティックボードは薄いプラスティック板を段ボール紙と同じ構造で作ったボードで、厚いプラスティック板に比べると非常に安くて軽いので採用しましたが、見た感じがとてもおしゃれで長女から喜んで貰えました。


   s-P6280006.JPG
 1作目に比べると、慣れてきましたので、きれいに仕上がりました。やんちゃ坊主のマロちゃんもきっと喜んでくれることと思います。
posted by モグじー at 22:53| 徳島 ☔| Comment(2) | 工房記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イチゴ苗をポットに

新しい苗が増えている

 2週間前にイチゴ畑の整理をしました。その時にランナーについている子苗をポットに植えましたが、あれからまた子苗が増えています。明日から雨が続きますので、今日はフェンス作りが終わった後、イチゴ畑で子苗をポットにとる作業をしました。途中で小雨が降り始めましたが、できれば今日中に作業を終えておきたいので苗をポットにとる作業を続けましたが、2畝目の3割程度が終わった頃に雨が本降りとなりましたので、止むを得ず今日の作業は中止しました。前回ポットにとった苗は大きく育っていましたが、少しだけ枯れてしまった子苗も有りました。ポットにとった子苗が枯れずに生育すれば、今年も100本を越える苗を育てることが出来そうです。

   s-P6280003.JPG
 先に東側の畝から作業を始め、この畝の方は作業を終えることができました。先に繁っている葉や枯れた葉をちぎり取り、後で新しくランナーに着いた子苗をポットにとりました。


   s-P6280002.JPG
 西側の畝の方は途中で雨が本降りとなったため、3割程度作業を終えたところで中断となりました。後日、この畝の残りとプランターに植えたイチゴの子苗をポットにとる作業をしなくてはなりません。  
続きを読む
posted by モグじー at 21:42| 徳島 ☔| Comment(0) | 野菜作り日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

今日も釣り三昧

昨日のリベンジ

 昨日は、タコ釣り、キス釣り、鯛釣りを予定していたのに、タコのテンヤは失うし、予想外の高波でキス釣りは出来なかったし鯛釣りも海が荒れて短時間しか出来ずスッキリしない1日となりました。昨日は魚釣りを早めに終え、農作業を終えると、タコ釣り用のテンヤを作りましたので、その試運転も兼ねて今日も昨日と同じような釣りの日程を作りました。ただ、潮の関係上タコ釣りに出発する時間は昨日より1時間遅くなり、今日の潮どまりが8時23分でしたのでログを7時半に出発しました。小鳴門のタコ釣りポイントにはすでに数隻の船が集まっており、いつもは他の船が来ないモグジー行きつけのポイントにも船が来ていてびっくりです。ブログ友達の第二住丸さんの船も見え釣果を聞くとすでに1匹釣り上げたとのことです。
 今日も昨日と同様に初めのうちはずっと当たりが有りませんでした。それでもテンヤで海底を叩いていると8時10分にやっと小さなタコが釣れました。タコ釣りの場合、とりあえず1匹釣れればノルマ達成の気分となります。後はプラスアルファ―を狙うだけです。今日は結局小さなタコ1杯で納竿となりました。でも、新しく作ったテンヤでもタコが釣れることが分かり大満足です。タコ釣りを終えると昨日と同様に山上病院の前を通って丸山を目指しました。



今日は波が穏やかです

 昨日は大鳴門橋を越えると北西からの高波で海は大荒れでしたが、今日は幸いにも海は穏やかで待望のキス釣りが出来そうです。小鳴門を出発して25分後に丸山のキス釣りポイントに到着しました。付近には釣り船が1隻とゴムボートが3隻がいるだけです。いつものポイントに船を止めると早速餌を付けて仕掛けを投入しました。キス釣りの場合は仕掛けを入れると殆どの場合すぐに当たりがあるのですが今回は全く反応がありません。20分余り全く当たりが有りませんでしたのでポイントを変えました。次のポイントでも当たりは有りません。また別のポイントに移動したところ、やっと最初の当たりが来てキスが釣れました
 あまりにもキスが釣れないためあちこちのポイントで仕掛けを入れてみましたが、水深が9b台のポイントでは大型のキスが時たま釣れるだけです。キスが一番良く釣れたのは水深が8b台のところで、それより浅くなるとキスでは無くて青ベラが良く釣れていました。先週末にゲストを迎える予定でキス釣りの餌を沢山買っていたのですが、当方の都合でログ訪問を1週間延期して貰いましたので、餌が死ぬ前にキス釣りをして餌を使い切らなければなりません。今日は当たりが少ないため、いくら頑張っても四分の一程度の餌を消費するのが精一杯でした。そのうちに南東の風が吹き出し、次第に強くなって船が流されるスピードが速くなり、釣り難くなりましたので13時30分に納竿としました。



鯛釣りは強風でほとんどできず

 最近モグジーが鯛を釣っているポイントはゼンサの西側に在って、丸山から堀越海峡に向けて帰る途中にあります。風が強く船が流されそうですが、折角近くを通るので鯛釣りポイントで船を止めて魚探をチェックしてみました。すると結構良い感じの魚影が映っています。当初は魚探をチェックするだけの予定でしたが、仕掛けを入れてみることにしました。ポイントの風上に船を持って行き、仕掛けを投入してゆっくりリールを巻いて当たりを待ちます。何度か繰り返しているとやっと当たりが有りました。小さな鯛の当たりです。でもすぐに逃げられてしまいました。周りに釣り船の姿は有りません。これ以上頑張って無駄と思い鯛釣りを止めてログを目指しました。
 結局、今日は7時間ほど海の上に居たことになりますこんなに頑張ったのは久しぶりです。ただ、これからは又雨が続きそうで釣りには行けそうにありません。今年の梅雨は本当に良く雨が降ります。

   s-P6270001.JPG
 今日の釣果は、600gのタコ1杯とキス13匹(最大21a)、ベラ5匹(最大20a)、アイナメ1匹(25a)でした。夫婦二人のおかずには十分ですが、釣りの釣果としては淋しい限りです。
posted by モグじー at 22:24| 徳島 ☔| Comment(0) | イカ・タコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

モモの収穫

未熟なモモを収穫

 今年は(今年も)は摘果を思い切ってしなかったため、実が残り過ぎて、小さいままのモモが樹に沢山付いています。先日色が付き始めた為、二重袋の外側をとりました。二重袋の外側の袋をとると内側の白い袋が残りますが、この袋には底が付いていません。農家は完熟させると輸送途中で傷むため少し早めに収穫しますので、収穫する前に実が落ちることはありません。モグジー果樹園の果樹は全て完熟まで樹にならせておきますので、完熟になると自然に落果します。袋が有れば袋の中におちるのですが、袋がないと地面に激突します。そのため袋をとった場合はログでは樹の下にネットを張り地面への激突を防いでいます。白い袋であれば綺麗に色付きますので昨年からは袋を付けたままにして、樹の下にネットを張っていません。先日二重袋の外側をとったとき、大き目のモモには落果防止のため自作の袋をかぶせておきました。モグジーの予想では大き目のモモの方が早く完熟するので、完熟したモモの袋を小さめのモモに使えば良いと思っていましたが、実際は、小さめのモモは十分成熟できないまま途中で落果してしまうようです。先日来、いくつかの小さなモモが地面に転がっていました。完熟しないまま自然落果しているようです。そこで昨日完成させた袋を小さめのモモにかぶせてやることにし、今日魚釣りから帰るのその作業をしました。結構小さいモモが多いため作業が午後3時頃までかかりました。その作業中に枝から離れるモモが結構ありました。完熟とはいきませんが何とか食べられそうです。中には虫が入っているモモも有りましたので、そのモモはちぎり取りました。虫がはいっていないモモは少し置いておいて食べることにし、虫の入っていたモモはかなり傷んでいるので皮を剥いて食べられる部分は容器に入れておきました。

   s-P6260002.JPG
 一見立派なモモに見えますが、とにかく小さくて直径が6a余りしかありません。それでも何とか食べられます。7月に入ると大きなモモが収穫できそうです。



猫トイレ用フェンスの写真が届く

 昨日長女宅に猫トイレ用のフェンスを持って行きましたが、今日長女から写真が届きました。トイレの前にモグジーが作ったフェンスが立ちましたが、ネコの方はこれまで通りトイレを使っているとのことです。ネコがどう思っているかは分かりませんが、とりあえずは、拒否はしていないようですのでホッとしました。

   s-IMG_6077.JPG
 フェンスは倒れない様、下の部分をトイレの下に敷き込みましたので、こんな感じとなりました。こちらはトロちゃんのトイレです。


   s-IMG_6078.JPG
 トロちゃんは、いつもの様に違和感なくトイレに入ってくれたようです。


   s-IMG_6079.JPG
 「アー気持ち良かった」と言ったかどうかは分かりませんが、トイレ終えてトイレから出てきたトロちゃんです。トロはおとなしいお姉さん猫です。次はいたずらっ子の弟猫のマロちゃんのフェンスを作らなければなりません。
posted by モグじー at 23:07| 徳島 ☀| Comment(2) | モモ・スモモ・アンズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何とかお土産を確保!

大切なテンヤを落とす!

 今日のモグジーの釣りは釣りの梯子です。先ずは小鳴門でタコ釣りをし次に丸山でキス釣りをし最後にゼンサで鯛釣りをする予定です。今朝の小鳴門でのタコ釣りは7時から7時半が食いが良いと思いますので少し前倒しして6時半にログを出発し6時40分頃からタコ釣りを始めました。昨日は数隻の釣り船が集まっていましたので、日曜日の今日はもっと多いだろうと予想していましたが、2隻しか釣り船がおらず驚きました。勿論いつものポイントでタコ釣りをしましたが、今日は潮どまりが7時27分なのにすでに潮が少しずつ北に向かって流れていました。北に流れ出すといつもは釣れていますので、早めに釣れるかも知れないと期待したのに30分間は全く当たりが有りませんでした。7時15分頃やっと当たりが有りタコが上ってきましたが少し小さめでした。それから10分後に再び当たりが有りい急いで糸を引っ張り上げていると海面に大き目のタコの姿が見えました。思い切って最後の力を入れて勢いよく引くと糸が切れテンヤと共にタコは沈んでしまいました。糸に一か所結び目が出来ていて気になっていたのですが、その位置で糸は切れていました。これは明らかにモグジーの不注意が原因です。使い慣れたテンヤと今日1匹しか持って来ていないカニを失いあっけなくタコ釣りは終戦となりました。



天気予報と違う!

 タコ釣りを諦めて船を丸山沖に向けて山上病院前を走らせました。大鳴門橋までは波は穏やかでしたが、大鳴門橋を越えると急に波が大きくなってきました。今日は風が弱く絶好の釣り日和と喜んでいたのに波が高すぎます。それでも取り敢えず丸山まで行ってみようと船を走らせましたが、波が比較的穏やかな丸山港前でも海が荒れていてとてもキス釣りは出来そうにありません。即座にキス釣りは諦め、鳴門側に戻ることにしました。今日は絶好の釣り日和でしかも日曜日なのでゼンサは釣り船で一杯になるだろうと思っていましたが、これだけ波が高くては釣りは難しいのか殆ど釣り船はおらず、もちろん、モグジーもゼンサでの鯛釣りは諦めて釣り船が沢山集まっていた島田島沖にポイントに向かいました。20隻余りの釣り船が鯛釣りをしているようです。モグジーは魚探を見ながらポイントを探していると少し感じの良い魚影が見えましたので船を止め仕掛けを投入しました。海底に着いた仕掛けを巻き始めてすぐに当たりが来ました。しかも結構引きが強いのです。間違いなく鯛の引きで型も良さそうです。糸を引き出されながらも何とか鯛を海面近くまで引き上げるとマアマアのサイズの鯛が見えました。慎重にタモですくい上げ無事にとりこみました。40a余りのきれいな鯛でした。仕掛けを入れた途端に釣れたのにはびっくりしましたが、その後は一度も当たりが有りませんでした。鯛にとってみれば出会いがしらの交通事故でしか有りません。気の毒ですが逃がす訳にもいきませんので、有り難く生簀に入れさせて貰いました。その後1時間ばかり鯛釣りを続けましたが全く当たりがありませんでしたので、潔く納竿し10時前にログに戻りました。タコ1杯と鯛が1匹釣れ取り敢えずは満足のモグジーでした。

   s-P6260009.JPG
 ログに帰って計ってみたところ、38aでした。刺身にはちょうど良い大きさです。



今日中にタコテンヤを作らないと…

   使い慣れたテンヤを朝のタコ釣りで失ってしまいましたので、明日までに新しいテンヤを作らなくてはなりません。魚釣りを終えてログに戻ると先ずはモモの袋掛けをしましたが、袋掛けが終わった午後3時過ぎからテンヤ作りを始めました。これまでタコテンヤも色々と作ってみましたが、今は数年前に図書館で借りた本に載っていた自作テンヤが最もしっかりしていますので、その自作テンヤをずっと使っています。取り敢えずは見本が1組残っているだけですので、今回は多めに作ることにしました。知人のKさんから竹細工用の太い竹を貰っていましたが、しっかり乾いてきましたので、その竹を短く切って加工を始めました。竹の直径は8aあり、8等分すれば丁度テンヤに必要な幅となりますので、短く切ったたけを鉈で8等分し、表面を削る作業に移りました。作業に使うナタはモグジーの父が使っていたものですが、品物が良いのか切れ味抜群です。日没までに何とかテンヤの竹の部分を8本作り上げることが出来ました。竹に大きな針や錘を取り付けて完成させるのは、明日つかう分だけで良いですので、1組ほどは夕食後にサンルームで作業をして完成させました。

   s-P6260005.JPG
 テンヤ作りに使った竹は直径8aの太めの竹です。しっかり乾燥しています。


   s-P6260008.JPG
 これが数年前に作ったタコテンヤです。これが一番使い勝手が良いので、このタイプばかり作っています。


   s-P6260004.JPG
 先ずは竹の部分を1個だけ作ってみました。見本と同じように作ることが出来ました。


   s-P6260003.JPG
 丸い竹を8等分しましたので、残りの竹も同じ様に加工をして夕方までに何とか8本のテンヤも主体となる竹の加工品を完成させました。


   s-P6260010.JPG
 1組だけ明日使いますので針を錘とタコ糸とハリスを取り付けてタコテンヤを完成させました。


   s-P6260006.JPG
 水路際のいつもの作業場所です。午後は陰になりますので作業がしやすくなります。


   s-P6260007.JPG
 これが釣具店で売っているタコ釣り用の餌木です。タコは目立つものに気を引かれるとのことですので、思いきり派手に作られています。
続きを読む
posted by モグじー at 22:32| 徳島 ☀| Comment(6) | イカ・タコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

取り敢えず300枚完成

今日も1日袋作りを

 今日も朝から雨が降っていて正に梅雨そのものでした。22日からモモの袋を作りを始め、時間が有ればサンルームの机に座って袋を作ってきました。昨日の段階で紙袋とポリ袋を張り合わせる作業が終わり、今日はポリ袋に切込みを入れたり水抜き穴を開ける作業をしました。ポリ袋にレジ袋の様な切込みを入れて袋の口を縛る構造にしていますが、切込みの位置や切込みの形によって袋の口の閉まり具合が異なります。割り箸とテニスボールで枝に付いているモモの模型を作り、色々な切込みの袋をつくって口の閉まり具合をチェックしました。最終的に切込みの形が決まると300枚の袋にハサミで切れ込みを入れていきました。今回で300枚の袋を作りましたので、今年はこれで十分足りると思います。

   s-P6250005.JPG
 モモはこの様に枝に引っ付くようにして実が成ります。リンゴやブドウなどの様に軸がありませんので軸のところで袋を閉じることが出来ず、枝の上で袋を閉じます。その結果隙間が出来て芯食い虫が入り易くなります。


   s-P6250014.JPG
 左がこれまでの袋で右が今回作った袋です。ポリ袋と紙袋の継ぎ目で左はポリ袋が内側に、右は紙袋が内側になっています。紙袋の部分の長さも違います。2.5a長くしました。


   s-P6250007.JPG
 これまでの袋でモモを包むとモモの頂上部がポリ袋に直接接するようになり、果皮に異変が生じてしまいます。特に大きく育ったモモは果皮にポリ袋がピッタリと貼りつくため異変が生じやすい感じです。


   s-P6250015.JPG
 新しい袋では紙袋が内側に在るためポリ袋を縛る前に紙袋を枝の位置まで引っ張り上げることが出来ます。


   s-P6250016.JPG
 紙袋を中心部まで引き寄せた後にポリ袋を縛って袋を固定すれば、ポリ袋はモモの果皮に直接触れる可能性は少なくなります。


   s-P6250028.JPG
 ポリ袋の切込みの形はレジ袋と同じような形にすれば袋が裂けにくいことが分かりました。位置については切込みを深くして結びやすくすることも試してみましたが、密閉性で問題が有り、これまで通り右の様な位置としました。


   s-P6250033.JPG
 この数日間で新しい様式の袋を全部で300枚作りました。今年は少ししか使いませんので、来年の分もこれで十分足りると思います。ということで今年の袋作りはこれにて終了です。



ちょっと工房で大工仕事を

 先日、長女から猫用トイレのフェンス作りを頼まれました。ネコは猫用トイレで用を足したあと、足で砂代わりのトイレ砂を掛ける仕草をするため、トイレ砂が飛び散ってしまうのでフェンスを作って欲しいとのことです。そのうちに作ろうと思っていたのですが、優先順位が低いためまだ手を付けていませんでした。今日は袋作りが早く終わった為、地下の工房でフェンス作りをしました。寸法と形は聞いていますのでモグジーが決めるのは使う材料です。先日ホームセンターに行った時に適当なプラスチィック板を見つけましたので購入しておきました。プラスチィック板だけで組むのは強度上問題がありますので、木枠にプラスチィック板をはめ込む溝を彫ってプラスチィック板を補強するとともに、底板を取り付けやすくしました。夕方までに完成しましたので、長女宅に届けましたが、気にって貰えましたので、同じものをもう一組作ることにしました

   s-P6250030.JPG
 猫トイレのトイレ砂が飛び散らないようにするためフェンスを作りました。


   s-P6250031.JPG
 ベニヤ板の上に猫トイレを置いてフェンスが倒れないようにします。
   
続きを読む
posted by モグじー at 22:22| 徳島 ☔| Comment(1) | ログ建設記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

今年最初のタコ釣り

昨年も今の時期に釣れている

 梅雨が明けるころからタコ釣りの最盛期に入りますが、昨年のブログをチェックしたところ、昨年は6月20日に最初のタコ釣りに行って驚いたことに1`余りのタコを2匹も釣っています。今年は今日の潮が昨年の6月20日の潮と似通っていますので、今朝はタコ釣りに出かけることにしました。朝が早いので仕掛けなどの準備は昨日のうちに済ませ、今朝5時に起きるとすぐに出港しました。5時半にポイントに着くとすでに2隻の船がタコを釣っていました。モグジーお気に入りのポイントに船を停め仕掛けを投入しました。いつもはタコが釣れるまで結構時間がかかっていたのですが、今日は何と釣りを始めて5分程度経ったところで当たりを感じ仕掛けを上げると良い型のタコが付いていました。これにはビックリです、この調子なら2.3匹は釣れるかも知れないと欲を出したのがいけなかったのでしょうか、その後は全く当たりがなく1時間まり経って潮が速くなり始めましたので今日のタコ釣りは終了としました。今日は従来通り自作のタコテンヤにカニを付けて釣りましたが、昨年Sさんから教わったタコ用の餌木を準備しましたが、殆ど使っていませんので、明日は餌木も使ってみようかなと思います。


夕食はタコづくしで!

 ログに帰ってタコの重さを計ったところ850cありました。充分満足できる大きさです。今年初めて釣ったタコですので、夕食はタコを使った品々を並べることにしました。いつもであれば、先ずはタコを絞めて塩で揉んでぬめりをとり、茹でて刺身や酢の物を作るのですが、今回は生のタコ料理も作りたいと思い、絞めてぬめりを取った後、足2本を切り取って残りの足6本と頭や銅などを茹でました。生の足は吸盤と皮をとって生タコの刺身を作りました。また、刺身をとった後の足を薄く切り、皮と吸盤を混ぜてタコワサビを始めて作ってみました。「たこわさ」は何度かお土産で貰ったことが有り余りに美味しいので自分で買おうとしたら結構高いのにびっくりしました。そこで自分で作ってみたいと思っていたのです。茹でた足の1本は刺身にし、残った脚はゲスト用に冷凍しました。胴体と頭を使って妻に酢のものを作ってもらいましたが、モグジーは酢のものが大好きですので、夕食が楽しみです。
 夕食時に生のタコの刺身と茹でたタコの刺身を食べ比べてみました、矢張り生の方が美味しく食べられました。活きたタコが手にはいるのですから、これからはタコが釣れたら生の刺身を作りたいと思います。「たこわさ」は矢張りプロが作ったものの方が美味しいと思いました、今後もっと勉強する必要があります。酢のものはタコが美味しいだけに抜群の出来でした。材料のタコ・キュウリ・ワカメは全て自分で作ったり採ったりしたものですので余計に美味しく感じました。
 明日も潮が良いのでタコ釣りに行こうと思っています。

   s-P6240003.JPG
 タコの吸引力は凄いので絞めるまでは苦労をします。やっとおとなしくなったタコです。


   s-P6240007.JPG
 茹でると結構立派な足なのでモグジーも満足です。2本の足は生のまま調理します。


   s-P6240009.JPG
 生の足2本は皮と吸盤を取って刺身を作ります。皮を剥くのに結構苦労をしました。


   s-P6240010.JPG
 刺身をとった後の切れ端はうすくきり、吸盤も1個ずつに切り離しました。これで「たこわさ」を作ります。


   s-P6240013.JPG
 薄口醤油や味醂やワサビなどを混ぜて「たこわさ」を作ってみましたが、買ったものとは何か違います。


   s-P6240011.JPG
 刺身は左から生の足の刺身、吸盤の刺身、茹でた足の刺身です。吸盤もクリクリして美味しく食べられました。


   s-P6240022.JPG
 矢張り酢の物が最高でした。これを食べたいのでまたタコ釣りに出かけます。
posted by モグじー at 22:26| 徳島 🌁| Comment(4) | イカ・タコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

口の中がおかしい

突然の痛み

 それは突然のことでした。昨年の11月、八ヶ岳で稲刈りを終えた後、次女宅で自転車収納庫の工事を終えログに戻って数日後、朝食時に紅茶を飲んだところ舌に強い痛みを感じました。舌を火傷した時の症状と似ていて肌の温度以上のものや固いものを口に入れると強い痛みを感じました。旅行中に熱いものを食べて火傷した記憶もなく原因は不明でした。強い痛みは数日で収まりましたが舌がしびれたような違和感が残りました。物を食べても味が余り分かりません。口内炎の症状はこれまでに時々出たことがありますが、今回の様な症状は初めてです。時間が経てば自然治癒するだろうとそのままにしておきましたが、症状はいつまでたっても改善しません。口に中を見ると舌が真っ白になっています。口の中が荒れているということは消化器関係に問題があるのかもしれません。モグジーは逆流性食道炎や慢性胃炎の治療を何度か受けていてもともと消化器が弱い体質ですので、出来るだけ胃に負担を掛けないような食事に努めました。しかし、一向に症状が良くなりませんので、年が明けた3月にかかりつけ医を訪れ診察を受けました。診察の結果は特に問題になるような所見は見当たらないということでしたが、数年に一度受けている胃カメラ検査をしてもらうことになりました。
 1週間後の胃カメラ検査の結果、食道と胃に関しては全く問題は無く、CTで他の臓器も検査して貰いましたが特に変わったところは無いとのことで、口内炎の薬を処方されて無罪放免となりました。舌の異常の原因となるような病気は無かったので喜びべきですが、毎日の食事が美味しくないということは矢張り辛いことでした。口内炎の軟膏を塗っても結局は症状は良くならず今も続いています。歯を磨く時にどうしても鏡に映る白い舌が気になります。ネットで調べると舌苔(ぜったい)と言って病気と言うよりは、食べかすなどが舌に残って口臭の原因となるため、気にする人が多いと書かれていました。モグジーの場合、自分自身では口臭は分かりませんが味が分かりにくいのは辛いことです。ある日、歯磨きの時に歯ブラシで舌をこすったところ白いものがとれましたので、それからは毎晩のように歯ブラシでこすっていました。すると先日今度は舌が痛くなりました。
 改めてネットで舌苔について調べたところ、歯ブラシでこすることは厳禁と書かれていました。舌を傷つけるとのことで専用のブラシが有るのでそれを使うように書かれていました。更に原因がいくつか書かれていて結構心当たりがあるため、生活習慣上の問題については今後は少しずつでも改善していくことにしました。

 @ ストレスをためないこと
 A 規則正しい生活をすること
 B 唾液を出来るだけ分泌するようにすること
    (食事は良く咬んで時間を掛けること)

これらは、全てモグジーが出来ていないことで、変えるのは非常に難しいと思いますが、これまでも機会があるごとに言われてきたことですし、身体にも良いことですので、少しずつでも改善していこうと思っています。大病をする前に自分の身体が教えてくれたことですので、少しは頑張らねばと思っています。

 今日は早速舌用のブラシを買ってきましたので、舌用ブラシをやさしく使おうと思っています。

   s-P6230001.JPG
 これが舌用のブラシです。値段が高いのと安いのが有りましたがモグジーにしては珍しく高い方を買いました。それほど困っているということでしょうか…
posted by モグじー at 22:59| 徳島 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60才からの挑戦

QLOOKアクセス解析