2017年08月01日

トマトの手入れ

今日から8月です!

 今日から8月が始まりました。ログにとって8月は最もにぎやかな季節です。8月になると学校は夏休みに入り、お盆を中心に子供や孫がログに帰ってきますのでログは大賑わいです。又、不思議と家族の誕生日が8月に集中しています。モグジー夫婦には4人の子供が居てそれぞれが結婚して子供を作っているため、5組の夫婦と9人の孫で合計19人となりますが、そのうちで8月生まれはモグジーを筆頭に全部で7名が8月生まれです。そのため毎年ログで合同誕生日会をやっています。今年も楽しい誕生日会が出来ると良いのですが…
 それにしても暑い日が続いています。日がカンカン照りの10時から15時は外作業をなるべく避けて、朝方と夕方に外作業をしていますが、今日の午前中は畑でトマトの手入れをしました。今年は温室トマトが早い段階で病気のため全滅しました。幸いにも、芽かきした芽を2畝の畑に植えた所、順調に生育し、孫達にも思う存分食べて貰っていますが、虫喰われトマトが多くなってきましたので、トマトの手入れをすることにしたのです。先ずは、最初の頃に芽かきをして苗を作った畝の方の手入れをしました。トマトの樹も大きく育ち、これまでに沢山のミニトマトを収穫しましたが、最近、虫が空けた穴が目立つようになりました。虫の幼虫がトマトを食べているようですので、先ず最初に枯れた葉などを取り除き、垂れ下がった枝を上の方に上げ、最後に実をチェックして虫を探しました。数個のトマトに穴が空いている場所には、大抵の場合小さな幼虫がトマトの実に身体を突っ込んでいたり、穴の付近にいたりしますので幼虫を駆除しました。全体的に10匹程度の幼虫を駆除したでしょうか、これからしばらくは虫の被害も減ると思います。
 もう一つの畝にはかなり遅くなって芽かきした苗を植えています、大体鉛筆程度の太さに根元が成っていて茎の長さも1b余りに伸びています。実がやっとなり始めたところですが、植えた時に30a余りの支柱を付けただけで、その後は何もしていなかったため、茎は殆どが倒れて地面を這っています。このままでは地面に実が転がるため、少し、茎を持ち上げてやることにしました。ただ、もう一つの畝の様に真っ直ぐに支柱を立てるのではなく、ビニールトンネル用の半円形の支柱を10本程度畝に立てた、各茎を持ち上げてやりました。これで、地面を這う茎は無くなりました。

   s-P8010005.JPG
 最初に植えたトマトの方は真っ直ぐに支柱を立てています、下に垂れ下がった枝を持ち上げ、枯れた葉を整理し、虫を取りました


   s-P8010002.JPG
 後に植えたトマトは地面に寝ていました、青い実がなり始めたところです。枝が伸びると風通しが悪くなるため茎を持ち上げることにしました


   s-P8010004.JPG
 この様に半円形の支柱を立てて、茎を持ち上げました。葉や実が地面に接することは無くなりましたので、病気にも何とか耐えられるかなと思います
posted by モグじー at 22:15| 徳島 ☁| Comment(0) | 野菜作り日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デラウエアの葉の整理

棚の下が暗すぎる!

 7月6日にブドウ棚に這わせているデラウエアの新梢を剪定したのですが、その後もドンドン新梢が伸びて再び棚の下にお日様がもれなくなりました。今はドンドン葉が養分を作ってデラウエアを色付けして貰わなければなりませんので、夕方からデラウエアの葉の整理をしました。前回は新梢を切ることが主でしたが、今回は枯れたり枯れかかった葉を1枚1枚ちぎって行きました。四分の一近くの葉を整理しましたので、ブドウ棚の下にお日様が漏れるようになりました。これで、風通しも良くなり葉に太陽光が良く当たるようになりますので、1週間後ぐらいからと本格的な収穫が始まると思います。太陽がかなり傾いた4時過ぎから作業を始めましたが、それでも、作業を終わった頃にはシャツが汗でびしょ濡れになっていました。とにかく、今年の夏は暑い日が続きます。

   s-P8010007.JPG
 カットした葉はギュウギュウに詰め込んでも大きなカゴに一杯になりましたので、かなりの量の葉が処分されたことになります


   s-P8010006.JPG
 葉の処分が終わると下から上を見上げると天井の波板がかなり見えるようになりました。これで実が熟れるスピードも上がると思います
posted by モグじー at 21:40| 徳島 ☁| Comment(0) | ブドウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60才からの挑戦

QLOOKアクセス解析