2017年07月26日

今年は阿波踊りを!

この夏も山口に帰ります

 毎年、夏休みには孫を連れてモグジーのふるさとである山口県に帰っています。モグジーの両親は30年以上の前に他界し、今は山口に姉がいるだけです。その姉も数年前からグループホームに入居していますので姉に会うため山口に帰るとそのグループホームを訪れています。一方、東日本大震災による放射能汚染から幼児を守るため次女は二人の子供を連れて鳴門に帰り4年間の避難生活を送りました。この鳴門で生活しているときに、地域活動に参加させて貰ってミュージカルなどに出演させて貰ったり阿波踊りの連に入れて戴き阿波踊りを踊るようになりました。二人の孫は舞台に立つのが楽しそうで、3年前ぐらいからモグジーと一緒にグループホームを訪問した時、お年寄りの方々の前で歌や踊りを披露して喜んで貰えるようになりました。今年の春には公民館で発表した「サウンドオブミュージック」の一部をグループホームで披露しお年寄りの方々から大喝采を浴びました。そこで、今年の夏は是非阿波踊りを披露しようということになりました。と言うのも、次女と二人の孫は鳴門の阿波踊りの連に入り、次女は笛を吹き孫は踊りで頑張っているのです。3人だけでは淋しいということになり、今回はモグジー夫婦も一緒に参加することになりました。
 ただ、モグジー夫婦は阿波踊りは何度も見に行っていますが、実際に踊ったことは有りませんし、阿波踊りの必需品である鉦も叩いたことが有りません。そこで、特訓を受けるため徳島でかつて阿波踊りの連を主宰しておられたYさん夫婦に相談をしました。Yさん夫妻は快く相談に乗って下さり、衣装や鳴り物も貸して下さることになりました。更に、もしよければ一緒に山口まで行って阿波踊りを踊りましょうとの力強い言葉を返して下さいました。Yさん夫妻がご一緒して下されば正に鬼に金棒です。とても陽気なYさんが踊って下さればお年寄りの方々から拍手喝采を受けるのは間違いなしです。孫たちは8月9日から11日までの鳴門阿波踊りに出演しますので盆が終わってから山口に行きましょうと話していましたが、次女の予定等の関係で8月21日に山口に行くことになり、その件をYさんにお話ししたところ、23日にどうしても欠かせない用事があるとのことで、今回は残念ながらモグジー家族だけで行くこととなりました。そこで、山口に行くまでに猛特訓をしていただくことになりました。
 今回、5名でグループホームを訪問しますが阿波踊りの担当は二人の孫とモグジーの妻が踊り子さんとなり、次女が笛を吹き、モグジーが鉦を叩くことになりました。今日早速ご夫妻が鉦を届けに来てくださいましたが、想像以上に立派なもので、長年にわたって叩き続けられた鉦と思うと、身が引き締まる思いがしました。頑張って練習しYさんご夫妻に気持ちのお答えしなければと思います。

   s-P7260002.JPG
 今日、Yさんご夫妻が届けて下さった鉦です、想像以上に重たくてびっくりしました


   s-P7260001.JPG
 鉦を叩き方も教わりましたが、鉦の内側の中央部分を叩くのではなく、内側の円周の部分を叩くとのことです。
posted by モグじー at 21:21| 徳島 ☀| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 その時の模様を是非動画で撮影し、ブログにアップしてください。期待しています。
 お囃子には、笛、鉦のほかに三味線と太鼓も必要です。是非挑戦して見てください。「よしこの」は単調なリズムの繰り返し。リズム感が重要ですが・・・・・?
Posted by akagane norio at 2017年07月27日 11:25
 何でも良く知っていますね、もしかして阿波踊りも踊れるのではないですか。
頭に日本手ぬぐいを巻いてにこやかな笑顔で踊るnorioさんの姿が浮かんで来ます。

 5人の連ですので、全員が役割分担して踊ってきますが、残念ながら、撮影係が
足りません、誰かが撮影して下さると良いのですが…それにしても鉦もいざ叩いて
見ると難しいですね。
Posted by モグジー at 2017年07月27日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

60才からの挑戦

QLOOKアクセス解析