2018年02月03日

インフルエンザB型だったのかな?

突発性発疹だろうね

 長女と孫が26日からログにやって来ていますが、26日の昼間は元気だった孫が夜から急に高い熱を出し、元看護師の妻の見立てでは突発性発疹だろうということで病院にも連れて行かず様子を見ていました。29日には孫の高い熱も収まりましたので、妻は予定通り、納骨のため上京しました。妻から孫に発疹が出たら知らせてと言われていたのに一向に発疹が出ずおかしいねと思っていました。時々咳が出ていたのですが風邪のことは考えていませんでした。
 ところが、30日に無事納骨を済ませて次女宅に帰って来た妻はしんどいと言ってそのまま倒れ込んでしまったそうです。日頃ほとんど動かない為、都会での移動が身体にこたえたのかなと思っていました。翌日の朝、体温を測ると39度台後半の熱が出ていてぐったりしているとのことでびっくりしました。更に、モグジーと長女の方は30日の午後から咳がひどくなり翌日から熱が出始めました。モグジーはずっとインフルエンザに罹っていませんので、予防注射は勿論受けていませんし、インフルエンザと言えば高熱で筋肉痛の記憶しか有りません。しかし、孫の発熱以降の家族の体調を考えると、孫の発熱は突発性発疹ではなくインフルエンザB型だったのかも知れません。感染力が強力だったのか、モグジー夫婦、長女夫婦全員にインフルエンザB型の症状が出ていました。熱も下がり、元の元気さを最も早く取り戻したのが孫でした、矢張り、若い(1.5歳ですから)から回復力が早いのだと思います。その反対に最も症状が重くていまだに食事も殆ど取れていないのが妻です。モグジーが何時も妻に「80歳のおばあさん」と呼んでいますが、とにかく体力がない為、回復するのに時間が掛かりそうです。一応、6日の飛行機で帰ってくる予定でしたが、今の状態ではつくばみらいから羽田まで移動するのが無理の様です。モグジーが元気であれば車で迎えに行くのですが、モグジー自身まだ37度台の熱が続いていますので、妻と娘から猛烈な反対をされました。そこで、妻の状態を見ながらフェリーで往復して妻を迎えに行こうかなと思っています。そのため、先ず、モグジーが体力を取り戻さねばなりません。今日は、全く何もせず1日中布団の中でおとなしくしていました。
 日頃が元気なだけに、寝込むのは本当に辛いことだなとつくづく思い知らされています。
posted by モグじー at 19:46| 徳島 ☁| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

食感が物足りません!

相変わらず体調不良です

 火曜日に喉の痛みから始まった今回のモグジーの体調不良は未だに尾を引いています。37度台の微熱と喉の傷みは相変わらずで、今日もテニスの練習を休んでしまいました。37度台の熱であればテニスをして思いっきり汗を流せばクリアできるのではないかと思いますが、万が一の時、今は独り身ですので無理は避けました。かといって、家の中でぶらぶら何もしないで過ごすのは精神衛生上良くは有りませんので、今日も昨日に引き続き蒲鉾作りをしました。
 昨日までに3種類のつみれを完成させ、後は、蒲鉾の材料を蒸すのと焼く作業が残っています。昨日作った蒲鉾の材料を冷蔵庫に入れたまま一晩おきましたので、材料が変質していないか心配しましたが、ヘラで触ってみた所、何ら変わった様子も有りませんでしたので早速作業に取り掛かりました。蒸し器で蒸す場合は板蒲鉾にするのが普通ですが、適当な板が無かったため、使えそうな皿を探して材料を詰めていきました。蒸し器で30分余り蒸しましたが、蒸し上がったときは大きく膨らんでいたのに冷えるとかなり小さくなりました。出来上がった蒲鉾は持つと水っぽい感じがしました。一方、焼き蒲鉾の方はオーブンシートの上に小判形に丸めて置き、オーブントースターで20分ほど焼きましたが、こちらの方はしっかりと身が締まっていて香ばしく仕上がっていました。
 出来上がった蒲鉾は粗熱を取った後、冷蔵庫の中で熟成させ夕食時に切って食べてみましたが、蒸し蒲鉾の方は矢張り水っぽくて合格とは言えませんが、焼き蒲鉾の方はいい感じに仕上がっていました
 今日はたっぷり時間が有りましたので、ネットで蒲鉾の作り方について色々と調べてみましたが、今後勉強しなければならないことが沢山有りそうです。

   s-IMG_1874.JPG
 出来上がった蒸し蒲鉾と焼き蒲鉾です、殆ど素材は同じ量でしたが焼き蒲鉾の方が締まっています


   s-IMG_1876.JPG
 蒲鉾を切ってみました、左側の蒸し蒲鉾は水っぽくて、右の焼き蒲鉾は身に弾力が有りました


   s-IMG_1877.JPG
 両者の切り口を拡大してみました。蒸し蒲鉾の方が体積が大きいということは水っぽくなっているということです。焼き蒲鉾の方はこのままでも十分に食べて貰えそうです
posted by モグじー at 22:01| 徳島 ☁| Comment(2) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

鯛の加工品作り

鯛のかまぼこを作りたい!

 昨日は咳で体調が悪かったため、1日まったりと過ごしました。今朝になってもそれほど体調は回復していませんし、今日は1日中雨とのことですので、今日も外作業は止めて室内でおとなしく作業をすることにしました。室内作業で先ず思いついたのが鯛のかまぼこ作りです。昨日、釣り名人のSさんから立派な鯛を2匹貰いました。取り立てて、鯛の料理で注文は届いていませんので、以前から挑戦したかった鯛のかまぼこ作りをすることにしました。ただ、鯛だけを利用するのではなく、アオリイカをミックスしたかまぼこ作りです。昨年釣ったアオリイカの冷凍保存状態が良くなくて、刺身として食べるにはもう一つという感じがします。そのことをSさんに話したところ、アオリイカの身を鯛などに混ぜると甘くなるよと言われました。好都合なことに冷凍のアオリイカを1匹解凍したのが冷蔵庫に有ります。そこで、朝からかまぼこ作りを始めました。この大きな鯛を全部かまぼこにするのは、かまぼこが初挑戦だけに自信が有りません。そこで、かまぼこだけでなくつみれも作ることにしました。と言うのは、長女から「ほまれ」に食べさせるので作って置いて欲しいと以前から頼まれていますのです。つみれも鯛やアオリイカの身の場所によって3種類作ることに決めました。



1.6`の見事な鯛を使って

 今日のかまぼこ作りに使った鯛は重さ1.6キロの見事な鯛です。いつもの様にウロコを取り内臓を外した後、3枚におろし、先ずは刺身用の短冊を4本作りました。次に、中骨や頭やカマの部分からスプーンで身をこそぎ取りました。また、アオリイカの方もいつもの様に刺身用の身の部分とエンペラーとゲソと皮などに分けて捌きました

   s-IMG_1862.JPG
 鯛を3枚におろし、血合いを切り取って皮を引いた後の身です、4本の冊で900cありました


   s-IMG_1861.JPG
 短冊を取った身以外の中骨や頭やカマ等に残っている身をスプーンでこそぎ取りました、重さは300cありました



「ほまれ」用のつみれ

 「ほまれ」用のつみれに使うのは鯛の刺身用の背の部分の短冊のみを使いました。身に加えるものも豆腐と片栗粉と塩と3倍濃縮めんつゆだけです。材料を計量してフードプロセッサーで一気に作り、お湯にくぐらせて完成させました。

   s-IMG_1864.JPG
 最初は腹の身を使おうと思って写真を撮りましたが実際には背の部分を使っています、細かな身は重さ調整のために加えたカマ等の身です。身は140cあります


   s-IMG_1865.JPG
 フードプロセッサーを使うと簡単にすり身となりました、


   s-IMG_1867.JPG
 熱湯で加熱したつみれです、試食しましたがしっかりと熱が通っていました



ゲスト用のつみれ

 次に作ったのがゲスト用のつみれです、鯛の方は腹身とアオリイカの刺身用の身の一部とエンペラーを使いました。これには幼児用以外に調味料としてお酒やおろし生姜や三つ葉を加えています。これも、フードプロセッサーで簡単に調理できました

   s-IMG_1866.JPG
 鯛の刺身用の腹身と細切れの身を合せて150cとアオリイカの刺身用の身三分の一とエンペラーを2枚で合わせて150c使いました


   s-IMG_1868.JPG
 フードプロセッサーで調理した後、容器に入れました



モグジー用のつみれ

 鯛の中骨に付いていた身などが結構ありますし、アオリイカを捌いたときは、イカの塩辛用に使っているゲソや軟骨に付いた身や皮なども結構出ますので、それらを使ってモグジー用のつみれを作ってみました。アオリイカの皮はフードプロセッサーでは粉砕しにくいと思いあらかじめ包丁で刻んでおきましたが、綺麗にフードプロセッサーで処理できていました、スペアリブではありませんが骨に付いた身は意外と美味しいかも

   s-IMG_1869.JPG
 これがモグジー様に作ったつみれの材料です、アオリイカの黒い皮が入っていますのでどんな色になるやら


   s-IMG_1871.JPG
 フードプロセッサーで処理した後、こんな色になっていました、ちょっと食欲が進まないかも


   
かまぼこ大変でした!

 最後に今回のメインであるかまぼこ作りに挑戦しました。ネットで探し出したレシピを読んでいると、何となくウインナーソーセージに似たところが有ります。ウインナーソーセージ作りで苦労したことと同じような苦労が待っていました。かまぼこ作りはつみれ作りとは違って捏ねるのが大変でした。使った材料は鯛の刺身用の短冊の背の部分とアオリイカの刺身用の身の三分の二で両方で500cありました。フードプロセッサーで一度に処理するのは容量的に無理ですので、最初に鯛の身をフードプロセッサーに掛け次にアオリイカをフードプロセッサーに掛けました。ここまでの作業は簡単ですが、これからが大変なことになりました。先ず、困ったのが500cの身を一度に擦るすり鉢が無いのです。昔は大きなすり鉢が有ったのですが、殆ど使わないということで処分してしまいました。小さなすり鉢では500cはとても入りきれませんので2度に分けてすりつぶすハメとなりました。このすりつぶす作業がウインナー作りと同じでとても大変なのです。最後に氷水を少しずつ入れながらすり鉢ですっているとレシピに載っている通り素材に劇的な変化が生じました。ただ、仕上げはこの素材を板に持って蒸し器で蒸さなければなりませんが、かなりへとへとになってしましましたので、今日の作業はこれまでとしました。

   s-IMG_1872.JPG
 かまぼこ作りに使った鯛の腹身とアオリイカの刺身用の身とゲソの一部で全部で500c余り有りました


   s-IMG_1873.JPG
 鯛とアオリイカの身をフードプロセッサーに掛けた後、すり鉢ですりつぶしました。右がすりつぶし始めた段階の素材で、左が30分間余りすりつぶして出来上がった素材です、何とかかまぼこに変身して欲しいのですが…
posted by モグじー at 23:12| 徳島 ☁| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

久し振りの熱

気持ちが緩んだのだろうか

 今年の1月もあっという間に終わってしまいました。この1月も多忙な日々を送ってしまいました。暮らしを多忙にさせてしまった責任は勿論モグジーに有るのですが、結果としては少々体に無理が行き過ぎたようです。最近は殆ど体調を崩すことが無かったのに、桟橋工事が終わってほっとしたのか、昨日の午後から急に咳が出だして収まらず、夜布団に入ると咳き込んで寝られない状態でした。それでも30分余り寝ようと頑張ったのですが、次々と咳が出て到底眠ることが出来ませんでした。

 実は29日に妻が昨年急逝されたお姉さんの納骨のために上京し、今はモグジー一人の生活が続いています。起きている方が楽ですし、気にする者もいませんので、布団から出て一晩起きて置こうかなと思いました。その時、ふと思ったのです。マスクをして寝たらどうだろうかと。モグジーはいつも鼻呼吸ではなく口を開けて寝ています。そのため、朝起きると口がカラカラに乾いている時が良くあります。そこで、昨年、何度かマスクを掛けて寝てみましたが、寝相の悪いモグジーは知らない間にマスクを外してしまい、何の効果も有りませんでした。マスクをしてテープで止めていてもダメでした。

 しかし、最近作業で使っているマスクはかなり大きいため、このマスクだったら外れないかもしれないと思い、急いで地下室にマスクを取りに行き、マスクを掛けてテープで止めて布団に入りました。すると、劇的な変化が起こりました、咳が止まったのです。マスクをしたため口の中が有る程度湿った状態となり、喉のイガイガ感が弱まったのかもしれません。勿論、喉の辺りが気にはなりますが咳き込むことは有りませんでした。そして、朝までマスクは外れませんでしたのでそれなりの睡眠時間を確保することができました。

 今朝起きて、体温を測ったところ、36.9度でした。普通の人には平熱ですが、平熱が35度台のモグジーにとっては少し体がだるいかなと言う感じです。そこで、今日は思い切って休息を取ることにしました。今日はテニスの練習が有る日ですが、行こうと思えば行けますが、テニスを始めたらセーブできずに頑張るモグジーですので、後でしんどいかなと思い、思い切ってテニスも休ませて貰いました。今日は、久しぶりに太陽も出てサンルームはとても暖かでしたので、サンルームで横になったり音楽を聞いたりしてまったりとした1日を送らせて貰いました。咳が止まり体温が平熱に戻るまでは今回は身体を休ませようと思います。
posted by モグじー at 23:34| 徳島 ☀| Comment(2) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

粉末茶作り

今日は雨でテニスはお休み

 今日は未明から雨が降り始め、朝起きてもまだ雨が降り続いていました、いくら頑張ってもこの雨ではテニスは無理と思います。しばらくすると、世話役の方から今日は中止しましょうと電話が掛かってきました。先日から雨が降ったらしようと思っている作業が有ります。それは粉末茶作りです。年末に粉末茶と餡子が入った食パンを作りましたが、とても好評でしたので、今年初めてのパン焼きでも粉末茶と餡子が入った食パンを焼きました。近所の方々にも食べて戴きましたがとても喜んで下さいましたので、今後は、繰り返し焼くことになりそうです。
 そこで問題なのが、粉末茶です。昨年、日頃お茶を飲むために番茶を買って粉砕機で粉砕して粉末茶を作りましたが、前回のパン焼きで粉末茶が無くなってしまいました。早急に粉末茶を作らなければと思っていたのです。幸い娘からお茶を貰っていますので、外作業が出来ない雨の日に粉末茶を作る計画を立てていたのです。



時間が掛かります

 お茶を粉砕機で粉末茶にするには、結構手間がかかります。最初の頃、粉砕機にかけて粉末になったお茶にお湯を入れて飲んでみたのですが、口の中にかなりザラザラ感が残って、美味しくありません。どうすれば更に細かい粉末に出来るのか色々と試したところ、粉砕機の蓋の部分に細かいお茶がくっついているのを見つけました。多分粉砕機の中でお茶が細かく砕かれて粉末が粉砕機の中で飛び散っている時、細かい粉末は軽いので上に舞い上がり静電気で蓋に引っ付くのかも知れません。蓋に付いた細かいお茶を飲んでみた所、普通のお茶の様に飲めました。そこで、粉砕機のカッターを10秒間まわすことを2回繰り返しては蓋を開けて蓋に付いた粉末茶を刷毛で集めることにしました。1回で数グラムしか粉末茶で出来ませんので、とにかく根気強くしなければなりません。今日は300c入りのお茶を粉末にしましたが、半日余りかかってしまいました。
 カッターを回すのは短時間ですが、粉砕機の容器が意外と高温となってしまいます。モーターの加熱ではなく、粉末茶が回る時にかなりの摩擦熱が生じるのだと思います。余り高温にするのも良くありませんので、30cのお茶を粉末にしたら20分程度休憩を取る感じで作業を進めた為、長時間を要しました。粉末にしたお茶はガラス瓶に入れましたが、100c入りの瓶が3本出来ました。殆どお茶のロスは有りませんでした。1回のパン焼きで粉末茶を50c使いますので、今日作った粉末茶で半年余りは持ちそうです。

   s-IMG_1742.JPG
 今日は番茶ではなく娘に貰った緑茶を使いました、300c入りです。


        s-IMG_1743.JPG
 モグジー愛用の粉砕機です、1台10万円程度しますが、とにかく頑丈で、職人の手で作られた重さがどっしりと伝わってきます


   s-IMG_1746.JPG
 粉砕機を10秒間を2回回した後フタを開けると、お茶の細かい粉末がフタにビッシリと付着しています


   s-IMG_1747.JPG
 刷毛で綺麗に粉末茶を落とすとこんなに綺麗になります


   s-IMG_1745.JPG
 刷毛で粉末茶をバットの中に落とします、1回で数c程度の粉末茶が貯まります


   s-IMG_1748.JPG
 300cのお茶を粉砕機で粉砕したところ、これだけの粉末茶を作ることができました


   s-IMG_1749.JPG
 ガラス瓶に入れた所、1本に100cの粉末茶が入りました。全部で300cの粉末茶が出来ました
続きを読む
posted by モグじー at 23:33| 徳島 🌁| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

天気に恵まれ初テニスを

テニスに行けるかな?

 昨日9時半に無事山口から帰ってきました。ログに入ると先ずは荷物の片付けをし、一段落したら、別れる時に戴いた精進あけのお弁当を遅い夕食としてとりました。食事を終えるとすぐに床に入っても良かったのですが、何故か興奮していてどうしても寝る前にこの2日間のブログを書いておきたいと思いブログを書き始めました。しかし、いざ書き始めると、この2日間のブログは有ったことの記録と言うより、モグジーの思いを書くことが中心でしたので、書くのに大変な時間が掛かってしまいました。結局、2日間のブログを書き終えたのは午前の2時半でした

 今日は今年初めてのテニスが有りますので、何とかして出席したいと思っていましたが、起きる自信は無く取り敢えず、目が醒めたらテニスに行こうと思って昨晩は布団に入りました。ぐっすりと眠れましたので8時過ぎには目が醒め、布団の中で少し休んだ後起きて朝食をとり、いつもの様に8時45分に家を出発しました。今日の天気予報はみぞれの予報で風も強く、寒さで震え上がるのではないかと心配していましたが、外に出てみると空は晴れ、風もほとんどなく暖かくて絶好のテニス日和です。仲間との新年の挨拶は、おめでとうございますではなく、良い天気で気持ち良いですねで始まりました。それにしても、私たちの閑人クラブは天気に恵まれています、雨の予報が出ていても、殆どの場合、雨が遠慮してくれてテニスが出来ています。

 久しぶりに身体を動かすのが気持ち良くて、練習を始めるまでは、長旅で疲れているので今日はセーブして動こうと思っていたのに、いざ、ボールを打ち始めると無意識のうちに身体を思いきり動かせていました。今年の目標「年を考えて無理をしない」は新年早々から忘れてしまったように身体を動かすモグジーです。天気に恵まれ気持ちの良い2時間を過ごさせて貰ってテニスを止める頃には雨雲が広がり小雨が降りはじめました。本当にラッキーな閑人クラブです。



ログに帰るとIさん宅へ

 ログが有る水路の両岸はバブル期に別荘地として分譲され、何軒かの別荘が建てられています。ログの真向かいに西宮在住のIさんの別荘が有ります。年に何回ご夫婦で別荘に来られていますが、ひょんなことで懇意となりました。真向かいにありますので、別荘に来られると雨戸が開けられ、夜は電気が灯りますので、モグジー夫婦では、先に気付いた方が「あ、Iさんが来られた」声を掛け合っています。今回は、孫たちの帰省でバタバタして挨拶も出来ていませんでしたが、パンを焼いた後、ほんの少しだけパンを届けさせていただきました。昨晩ログに帰るとデッキのテーブルの上にIさんご夫妻からのプレゼントが置いてありましたので、お礼を言いにテニスが終わった後Iさん宅を訪問させて戴きました

 今日、西宮に帰られるとのことでしたが、「どうぞお上り下さい」とのお言葉に甘えてしばしの歓談を楽しまさせて戴きました。Iさんは高齢で大病を患われましたが、気持ちは折れることなく積極的に生きておられます。近年、俳句や三味線も始められていて、今日も色々と紹介して戴きました。体調を崩すとすぐに気持ちまで折れてしまうモグジーは、いつも力を戴き感謝です。

posted by モグじー at 22:55| 徳島 ☔| Comment(6) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

家族サービス

好天気に恵まれ

 ログではゲストを迎えた時、必ずと言ってよいほどバーベキューをやりますが、家族だけでバーベキューをする機会はあまりありませんでした。でも、孫達が大きくなってバーベキューの楽しさが分かって来ると「いつ、ジーちゃんバーベキューするの?」と聞いてくるようになりました。そこで、子供や孫と一緒にバーベキューを楽しむ機会が増えました。今回の冬休みの帰省でも一度はバーベキューをと思っていましたが、色々と行事等が有ったり、風が強くて、なかなかバーベキューをすることができませんでした。やっと、風もおさまり雨の心配も無さそうな予報が出ましたので、今日の午後バーベキューをしました。勿論徳島の長女や孫にも声を掛けています。ただ、天気予報では雨は降らないものの1日中曇で最高気温も6度となっていましたので、寒くないかと心配していましたが、予報が外れ朝から太陽が出てポカポカ陽気となり絶好のバーベキュー日和となりました。
 12時からログのデッキでバーベキューを始めましたが、焼く物はいつも同じものばかりです。絶対に欠かせないのが鶏の手羽中と豚のスペアリブと焼きおにぎりです。肉類はいつもの様に昨日購入してログのハーブ類やニンニクやブラックペパーで味付けをし一晩寝かしています。いつも肉類から焼き始めますが、美味しそうな匂いが漂い始めると皆が集まり始め、つまみ食いが始まります。この焼き立てをつまみ食いするのが最高に美味しいのではないかと思います。肉類が有る程度焼けると、野菜や焼きおにぎりを焼きますが、同じものを同じ味付けで焼くのですが不思議と飽きることなく、お腹一杯になるまで食べ続けます。こうして2時間余りでバーベキューは終わりますが、今回も子供達や孫たちに喜んで貰えたようです。

   s-IMG_1758.JPG
 家族バーベキューに笑顔の子供達や孫達です。1歳半の孫も一人前にバーベキューを楽しんでいます


   s-IMG_1761.JPG
 コンロの上ではログ産のハーブ類で味付けした鶏の手羽中肉と豚のスペアリブがこんがりと焼けています、炭火で焼くと本当に美味しく食べられます



バーベキューの後は公園へ

 バーベキューでお腹一杯になりましたので、腹ごなしのため、すぐ近くに在るウチノ海総合公園に出かけました。孫達がログに来ると必ずこの公園に来て遊びますが、この公園は綺麗に整備されていて、遊具もそれなりに揃っていますので大のお気に入りです。特に大きな滑り台が好評で、1歳半のほまれは、今日が2回目ですが、二人の従弟に遊んで貰い大はしゃぎでした。しばらく、滑り台で遊んだ後、芝生広場に移動して凧揚げを楽しみました。今日は適度な風が吹いていましたので、タコも機嫌よく空を舞い、気持ちの良い一時を過ごすことが出来ました

   s-IMG_1795.JPG
 大きな滑り台で二人の従弟に遊んで貰って大喜びの「ほまれちゃん」です


   s-IMG_2158.JPG
 広い芝生広場で凧揚げをしましたが、適度な風が吹いていましたので、上手く凧揚げをすることが出来ました
posted by モグじー at 00:36| 徳島 ☀| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

今日から作業開始

燻製を真空パックに!

 昨日で正月も終わり、ログでは早速作業が始まりました。先ず始めたのが、昨日出来上がった燻製を真空パックにする作業です。ほおっておくとドンドン水分が抜けて固くなってしまいますので、早くした方が良いと思い、今日朝食を終えると二人の孫に手伝って貰って真空パックにする作業を始めました。前回は12月の中旬に帰省した長男に真空パックの作業を手伝って貰い、とても楽しく作業が出来ましたが、今日も孫の手伝いで楽しく出来そうです。長男に手伝って貰った燻製を袋に入れる作業を孫にも説明して早速作業を始めましたが、前回は綺麗に出来たシールが今回はどうしても綺麗にできません。前回初めて袋の中の空気をきれいに抜くため不織布の紙切れを入れた所、今までにないほど袋の中の空気を抜くことが出来、しかも、熱で袋の口をシールするのも綺麗に出来て、真空パックはこの方法で今後は上手くいくと確信しました。
 しかし、いざ、真空パック作業を始めた所、空気は綺麗に抜けるのですが、シールがどうしても綺麗に出来ません、色々とやってみたのですが、中央部分に細い溝の様なものが出来て少しずつ空気が袋の中に戻ってしまいます。前回は綺麗に出来ていたのに、今回はどうしてもうまくいきません。5.6回失敗を繰り返しました。そしてふと操作レバーの中央部を押さえる力が弱いのではないかと思い、上の孫に手伝って貰って熱着するときに中央部分を押さえて貰いました。シールが終わり熱着部分をチェックすると前回と同じように綺麗にシールが出来ていました。前回は無意識的に操作レバーの中央部分も押さえていたのですが、今回はどうもレバーの両端の方に力を掛け過ぎていたようです。それからは熱着の度に孫にレバーの中央部分を抑えて貰ったところ、残りの袋は全てきれいにシールをすることができました。空気を完全に抜くために不繊布を使うこと、そして、熱着の際にレバーを押さえる時、中央部分にも力を掛けることをきちんと実行すれば問題なく真空パックが出来そうです。
 真空パックが終わった袋にマジックで製造年月日を書く作業も孫に担当して貰いました。

   s-IMG_1538.JPG
 作業はサンルームのテーブルの上で行いました。3つのバットには左から鶏のムネ肉の燻製、モモ肉の燻製、ベーコンが入っています。手前が熱着する機械です




   s-IMG_1540.JPG
 先ずは二人の孫に真空パックの工程を説明しました


   s-IMG_1545.JPG
 上の孫にはシールする時の機械操作を手伝って貰い、下の孫には燻製を袋の中に入れて貰いました


   s-IMG_1550.JPG
 真空パックが出来た燻製類です、左からベーコン、モモ肉、ムネ肉の順に並べられています


   s-IMG_1555.JPG
 熱着で幅5_程度の帯状に袋がシールされます。綺麗に出来るとこの様な模様が出来ます


   s-IMG_1554.JPG
 熱着が失敗すると帯状の部分に細い空気の通る溝が出来て少しずつ袋の中に空気が入っていきます
posted by モグじー at 22:00| 徳島 ☀| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

拍手大喝采!

長女家族が新年の挨拶に

 毎年、お正月になると徳島市に住んでいる長女夫婦がログに新年の挨拶に来てくれます。一昨年、待望の女の子「ほまれちゃん」が生まれた為、夫婦とほまれちゃんが午後7時に来てくれました。恒例のすき焼きを楽しんで貰った後、次女の二人の女の子が余興でダンスを踊ってくれました。この二人の女の子はとてもダンスが好きで、時間が有るとダンスを踊っています。ログは集合住宅でなく、しかも、フローリングですので思い切って踊れるのでとても楽しそうです。ほまれちゃんも次女達がログに帰ってくると、徳島からログに遊びに来ますのでお姉ちゃんたちが踊るダンスをとても気に入っています。ほまれちゃんでもダンスの内容が分かるのか、一つのダンスが特に好きで、夏に帰って来たときも喜んでダンスを見ていました。
 今日は、最初にお姉ちゃんたちが外のダンスを踊り始めた時は楽しそうに見ていただけですが、お気に入りのダンスが始まると、前に出て一緒に踊り始めたのです。単に、手をたたくだけでなく、手を上げたり、広げたり、足を上げたり、回ったりで…ほまれちゃんが踊る姿を見てビックリしてしまいました。1歳と4ヶ月の子がここまで踊れるなんてビックリ仰天です。思わず拍手喝采となりました。今年の夏には阿波踊りが踊れそうでとても楽しみです。

   s-DSC00043.JPG
 お姉ちゃんの踊る姿に合せて片足を上げて踊るほまれちゃんです


   s-DSC00033.JPG
 楽しそうに手を広げて踊っているほまれちゃんです


   s-DSC00030.JPG
 片足を上げ、両手を上げて踊る仕草のほまれちゃんに圧倒されました
posted by モグじー at 21:24| 徳島 ☀| Comment(4) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

のんびりした元旦

毎年決まったことですが…

 新しい年が始まりました、年中多忙なモグジーも元旦だけは、作業をせずにゆっくりと新しい年の初日を過ごします。特に、次女たちが正月帰省をするようになってからは、孫達と一緒に正月を過ごしていますので、昔ながらの正月行事を大切にするようにしています。
 大晦日の晩は遅くまで起きていますので、元旦の朝はゆっくり起きます。起きると、サンルームのテーブルにはすでにお節料理が並んでいます。勿論、妻手作りのお節ですが、手作りのお節を食べると気持ちが落ち着きます。孫達と新年の挨拶を交わし、お年玉を渡した後、お節を食べ、お腹が落ち着くとお互いに今年の抱負を述べます。モグジーの抱負はここ数年は「年齢に応じた生活をするように心掛けます」を繰り返していますが、繰り返すということは、なかなか、実現できていないということかも知れません。
 賑やかに、お節を食べた後は、恒例の百人一首大会です。妻は文科系ですので百人一首は大得意です、昔から我が家では子供たちと一緒に百人一首をしてきましたが、殆どの札を妻が取ってしまいます。物忘れがひどくなったとはいえ、まだまだ、モグジーなどは全く歯が立ちません。最近のルールは妻一人対残りのメンバー(次女、小6の孫、モグジー)で小3の孫が歌を読みます。最初の内は場の札の枚数が多いので、モグジー達も札をとれますが、そのうちに妻の逆襲が始まります。ただ、最近は小6の孫がかなり覚えられるようになりましたので、結構いい勝負になってきました。結局は妻が45枚、小6の孫が25枚、次女が18枚、モグジーが12枚で辛うじてモグジーグループが勝てました。百人一首の後は全員で坊主めくりをしました。

   s-IMG_1500.JPG
 今年の元旦も良く晴れていて、サンルームは暖かくて気持ち良く新年を過ごせます


   s-IMG_1502.JPG
 今年のお節は品数は少ないのですが、モグジーの好物ばかりですので大満足です


   s-IMG_1506.JPG
 お重ねは余りにお餅が小さすぎてミカンが載りませんのでちょっぴり細工をしてごまかしました


   s-IMG_1520.JPG
 百人一首に興じる3世代の姫たちです、今年70歳になる妻もまだまだ負けていません



午後はお宮参りに

 午前中、サンルームで過ごした後、全員でお宮参りに出かけました。ログから歩いて20分余りの所に地元の八幡神社が有ります。ログに住み始めてから毎年この八幡神社にお参りしていますが、今年も、天気が良かったので歩いて神社にお参りに行きました。元旦でもお参りに行って出会うのは一家族程度ですのでのんびりと散策を楽しみながらお宮参りをすることができます。お宮の隣に在る昌住寺の鐘楼で鐘を突き、歩いてログまで戻りました。ログに戻るとサッカー好きのモグジーと次女は天皇杯サッカーを楽しみ、応援しているセレッソ大阪が優勝しましたので気分の良いお正月となりました。ゆっくりできるのは今日だけで明日からは早速作業が始まります。

   s-IMG_1534.JPG
 昌住寺の鐘楼で鐘をついて喜ぶ孫達です、この鐘の音がログまで聞こえてきます


   s-IMG_1537.JPG
 ログのある高島は古くから塩田で栄えた街ですが、昭和30年代以降に塩田が廃止となり、塩田が埋め立てられて住宅街となりました。島全体の8割程度は新しい住宅ですが2割ぐらいは古い家並みも残っています。昔築かれた塀のそばを歩くと本当に心が落ち着きます
続きを読む
posted by モグじー at 22:31| 徳島 ☀| Comment(0) | ログ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60才からの挑戦

QLOOKアクセス解析