2016年05月27日

ジューンベリーの収穫

毎年同じような日に

 先日からジューンベリーの実が色付き始めましたが、ある程度熟れた実が貯まってから収穫しようと待っていましたが、かなり熟れた実が貯まってきましたので、今日収穫をしました。ジューンベリーの収穫量は一昨年が3`で昨年は2`余りでした。今年も2`ぐらいではないかなと思います。昔はジューンベリーは主に生食で食べていましたが昨年初めてジャムを作ったところとても美味しかったので今年はジャム作りを頑張ろうと思っています。後で昨年の記録をみたら、5月28日に最初の収穫をしていました。自然界では年によって暑かったり寒かったリするのですが、たった1日しか違わないなんて本当にびっくりです。

   s-P5270011.JPG
 今日収穫したジューンベリーです。重さは580cありました。取り敢えず冷凍し1`程度貯まったらジャム作りをする予定です。
posted by モグじー at 22:24| 徳島 | Comment(4) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ジューンベリーの手入れ

ジューンベリーをもう1本

 仮駐車場の跡地に何を植えるか妻の希望を聞いたところ、ジューンベリーとイチジクが欲しいとの答えが返ってきました。どちらもすでにログで栽培している果樹です。イチジクに関しては一昨年からベト病に罹り果実が大きく実る前に腐って落果してしまいます。この病気が出る前まではログで収穫できるイチジクは実の大きさも甘さも抜群でイチジクが大好きな妻はとても喜んでいたのですが、ベト病になってからは満足な収穫が出来ていません。病気になったイチジクは諦めて新しい苗を植える方が良いかもしれませんので妻の希望を受け入れようと思っています。
 ジューンベリーについては、ジャムにするととても美味しいのでジューンベリーをもっと増やして欲しいというのが妻の希望理由です。ジューンベリーは8年前に苗木屋さんで白い花がとてもきれいだったので、その場で購入を決めました。花を見るまではモグジーの頭の中には入っていませんでした。庭に植えた結果は、大満足でした。病気や害虫の被害がほとんど無くしかも強いのでとてもそだて安いのです。春に咲く白い花はとてもきれいですし、実も完熟すると生食で十分に楽しめます。最初の頃は少ししか実が付きませんでしたが、年々樹が大きくなり昨年は洗面器に2杯分ぐらい収穫できました。これだけの収穫が有りますと生食だけでは消費しきれません。そこでジャムに加工したのですが、このジャムが抜群に美味しいのです。昨年はジャムが小瓶に10本程度しか作れませんでしたので、妻は宝物のように大切に食べています。そこでもう1本植えてほしいとの希望でした。ただ、ジューンベリーは株立ちの形で育てているため株から枝が10本程度立っていて高さは2bを越えているため樹のボリュームは結構あります。狭い仮駐車場の跡地にイチジクとジューンベリーを植えるのは無理と思いますのでジューンベリーを植えるのは止めることにしました



ジューンベリーの枝を広げよう

 ジューンベリーについてはこれまで自由に枝を張らせていましたので、10本程度の枝が中央部にかたまっています。そのため小さな枝が重なり合って伸びており、樹にとっては好ましくない状態となっています。もう少し枝を広げて風通しを良くした方が良いのではないかと思い、今日はジューンベリーの枝を広げる作業をしました。同時に、3年前サクランボを植える時、植える場所が無かったためにジューンベリーのすぐ近くに植えてしまったのですが、ジューンベリーの枝が伸びてきてサクランボと重なるようになってきました。そこで、サクランボを少し遠ざけることにしました。幸いにもサクランボは根域制限袋を使って植えましたので根が直線状に伸びておらず簡単に樹を移動させることが出来ました。

   s-P1280002.JPG
 作業を始める前のジューンベリーの枝ぶりです。株から立っている沢山の枝が絡み合っています。


   s-P1310008.JPG
 地面に鉄の杭を打ち込み枝からロープをとって杭に結び枝を広げました。


   s-P1310007.JPG
 その結果、枝が広がって風通しが良くなりました。


   s-P1310003.JPG
 右から伸びてきたジューンベリーの枝と下から伸びてきたサクランボの枝が触れ合うようになりました。


   s-P1310004.JPG
 サクランボの根が入っている根域制限袋の周りを掘ったところ根は袋の中に納まっていました。


   s-P1310006.JPG
 80a余り離れた場所に新しい穴を掘ってサクランボの根が入った根域制限袋を埋めました。これでジューンベリーとサクランボが喧嘩することは当面防げます。

posted by モグじー at 19:14| 徳島 ☀| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

ブラックベリーの剪定

少し収穫量を減らしたい!

 モグジーのログハウスは建て始めて4年ぐらいで大体の形が整いました。一方畑や庭も並行して作業を始めましたので最初に植えた果樹などは植えてから8年が経ち、かなり大きく育っています。アプローチが出来た時にホームセンターで何気なく買ったブラックベリーを植えました。ブラックベリーの知識は全くなく、キイチゴの一種かと思って小さな苗木を植えたのですが、びっくりするほど樹勢が強くドンドンと蔓が伸びて瞬く間にアプローチのアーチを覆ってしまいました。

 初夏にピンクの花を咲かせ夏には実が付きますが、最初は赤だった実が熟れるにつれて黒味を帯び最後には真っ黒になります。毎年沢山の実が収穫できますのでブラックベリージャムに加工してログで食べたりゲストにプレゼントしていますが、今年は何と140cc入りの瓶で66本分のジャムが作れました。ブラックベリーでジャムを作る時は実の中に小さな種が沢山ありますので裏ごしをしなければならず大変ですので今年は少し収穫量を減らしたいと思い、今日はイチジクの剪定が終わった後、ブラックベリーの剪定をしました。ブラックベリーの枝は伸びるのも早いのですが枯れるのも早く、枯れた枝や枯れそうな枝はどんどん切ってスッキリさせました。これだけ切れば今年はブラックベリーの収穫量は半分程度になるのではないかと期待しています。

   s-P1090005.JPG
 最初はアプローチの左側に1本小さな苗木を植えたのですが、蔓がドンドン伸びて左側の柵を埋め尽し、次に蔓は天井部分を埋め最後に右側の柵も埋めました。又、右側の地面からも芽が出、蔓が伸びて右側の柵を埋めています。そこで天井の部分の蔓はすべて切り取り、両サイドも大幅に蔓をカットしてスッキリさせました。今は天井にはデラウエアの蔓が這っているだけです。


   s-P1090004.JPG
 切り取られたブラックベリーの蔓です。この蔓も樹分に乾燥させて焼却炉で焼却するよていです。
posted by モグじー at 19:53| 徳島 ☀| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月12日

やっと春が近づいてきました

クリスマスローズも

 とても寒かった冬がやっと終わろうとしています。今日は風も無く晴れてとても気持ちの良い天気☀となりました。寒さが厳しかったせいかログの庭や畑にほとんど花が咲いていませんでしたが、先日から少しずつ花の姿が見られるようになりました。ブドウ棚の下に植えているクリスマスローズもやっと花を付け始めました。クリスマスローズはログを建てた時長女から「私が一番好きな花なのでログに植えておいてほしい」と言われロブのアプローチ脇に植えたのですが、最初の頃は元気が無く無事に育ってくれるのかとても心配でした。しかし、その後、ブドウ棚の下に植えかえてから環境が合ったのかどんどん大きくなって毎年見事な花を咲かせてくれるようになりました。株がとても大きくなりましたので、6株のクリスマスローズの内、八重の3株を株分けしログと長女宅と知人宅に植えました。株分けでダメージを受けていないか心配していましたが、、先日株分けした長女宅のクリスマスローズのうち白の品種が花を付け濃いピンクの品種も蕾が付いたとメールで写真が届きホッとしました。ログの方も同様に白の品種は花が咲き濃いピンクの品種は蕾が付きました。残りの薄いピンクの品種はログも長女宅も今年は花が付かないようです。いずれにしても、クリスマスローズを無事に親元に帰すことが出来モグジーもホッとしました。

   s-P3120003.JPG
 昨年までは大きな株となっていた為、数十個の花が咲いて見事でしたが、株分けして随分さびしくなってきました。しかし、これから又成長して大きな株になってくれると楽しみにしています。


   s-P3110003.JPG
 白の花の中に少しクリームがかった花も混じっています。クリスマスローズは花が咲くと2ヶ月ぐらい花が持ちますのでしばらく楽しめます。


   s-P3120004.JPG
 これは一重のクリスマスローズです。八重の品種を植えてから数年後に植えましたのでまだまだ株は小さめです。でも、毎年元気に花を咲かせてくれます。


   s-P3110006.JPG
 一重のクリスマスローズと八重のクリスマスローズは全く雰囲気が違います。どちらが好みかは人によって異なると思いますがモグジーは八重が好きです。


   s-P3120005.JPG
 これも一重のクリスマスローズです。黄色の株と同じ時期に植えましたので株の大きさもほとんど変わりません。クリスマスローズが咲く時期はブドウは蔓だけですので邪魔になりません。


   s-P3110007.JPG
 一重のクリスマスローズですが上の黄色の品種と花の色だけでなく形も少し変わっています。ブドウ棚の下はクリスマスローズ園といった感じです。



サクランボも元気ですよ

 ログにはサクランボも植えています。この樹はモグジーの友人であるKさんの奥さんから預かったものです。Kさんの奥さんはサクランボが大好きでいつかは庭にサクランボを植えたいと思っておられたとのことですが、マンション住まいなので植える場所が無く、ログに苗木を一昨年持ってきていただき植えました。無事に育ってくれるのか心配でしたが、今年は花が咲きそうです。昨年は葉は出ましたが花は一輪も咲きませんでした。しかし、今年は花芽が付き次第に膨らんできました。
もう数日で開花するのではないかと思います。このサクランボは1本で実が付く品種とのことですが、花が咲いた後、サクランボが実るのか興味津津です。

   s-P3120002.JPG
 ログの果樹園にはスモモやモモの花が咲きますがまだ花芽は硬く開花まで時間がかかりそうです。サクランボの蕾はかなり膨らんでました、もう、数日後には開花するのではないかと思います。サクランボの樹はエントランスの近くですので花が咲くとお客さんに喜んで貰えそうです。ただし、樹高はまだ1b程度ですからほとんど目立ちません。



赤エンドウ豆は花がきれい!

 道路沿いに植えた赤エンドウ豆は成長が良くて花がどんどん開いています。濃いグリーンの茎に赤紫の花がたくさん付くととてもきれいです。散歩で通りかかられる方からきれいですねと声を掛けられます。花が咲くとそのうちに小さな実が付きそれがだんだんと大きく育って収穫の時期となります。実が大きく育って少し枯れかけた頃が収穫時期ですので、それまでに虫にやられないよう頑張って見回らねばなりません

   s-P3120001.JPG
 今年の赤エンドウ豆は蔓性なのでとても成長が良くすでにフェンスの高さを越えてしまいました。ネットの高さは140aあまりですので、最後はネットを越えてしまうかもしれません。赤エンドウ豆は甘納豆に加工してパンに入れたりお菓子として食べたり、餡子にしてフランスあんパンを焼いたりできますのでログにとってはとても貴重品です。

posted by モグじー at 20:07| 徳島 ☀| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月22日

ブラックベリーの剪定

沢山採れ過ぎます

 ログのアプローチにアーチを組みブラックベリーを這わせています。最初に植えた時は小さな苗でしたが、このブラックベリーはとても繁殖力が旺盛で、どんどん樹が育ってアーチ全体を覆うようになりました。ブラックベリーは春に薄いピンク色のきれいな花を付けますし、夏になると真っ黒の実をたくさん付けます。完全に熟れるとそのまま食べても美味しいのですが、実がイチゴのように小さな実の集合体でその小さな実の中にゴマ粒のような種が入っているため、口に入れると種の違和感があります。そのため、ジャムなどに加工するときは小さな種を細かな目のフルイにかけてすべて取り除いています。従ってジャムを作るのにも大変な手間がかかります😵。 このブラックベリーは収穫量が年々増えていますが、収穫したブラックベリーを捨てる訳にもいかず全てをジャムに加工していますが、大量のジャムができるため、ジャム保管棚はブラックベリーのジャム瓶であふれています。そこで、今回の剪定では思い切って枝を少なくすることにしました。



将来的にはアーチにはブドウを

 アプローチのアーチには現在は北面、南面、天井の3面にブラックベリーを這わせています。最初は北面に苗を植えましたが、枝がどんどん伸びて2年目には北面全体がブラックベリーで覆われるようになりました。翌年から枝を天井にも伸ばし4年目ぐらいには北面と天井がブラックベリーで覆われました。ブラックベリーは繁殖力が旺盛で熟れすぎた実が自然に地面に落ちるとそこから芽が出て苗が育ちどんどん大きくなります。3年目ぐらいには南面の方にも苗が育ち始めどんどん枝が伸びるようになり現在では3面全体がブラックベリーで覆われています。どうしても
南面に太陽が一番よく当たりますので昨年は南面が一番収穫量が多かった感じです。そこで、ブラックベリーは将来的には南面で育てることにし、北面と天井はブドウを這わすことにしました。3年前ぐらいはアーチの天井部分はブラックベリーと甲斐路を這わせていたのですが、甲斐路が病気で全滅したため、ブラックベリーだけになっていましたが、モグジーの夢はブドウのアーチでしたので何とか夢の実現に向けて再度挑戦を始めようと思っています。



スッキリしました

 最初に北面から剪定作業をしましたが、今回はブラックベリーの枝の内8割程度を切り落としました。残した枝は主に北面の西半分に分布させ、北面の東半分には昨年知人から貰って植えていたモッコウバラの蔓を這わせました。黄色の小さなバラの花がアーチの一部を飾ってくれると思います。
南面に繁っていたブラックベリーは基本的には混みすぎた枝を間引き剪定しただけで終えました。長く伸びた蔓は南面を這わせた後天井部分に誘導し、天井部分がブラックベリーの蔓で覆われるようにしました。ブラックベリーの剪定を終えるとアプローチのアーチはとてもスッキリして感じが良くなりました。

   s-P1220001.JPG
 剪定作業をする前のアーチです。左側の北面、右側の南面、上部の天井の3面がブラックベリーで覆われていました。夏になると葉が繁りすぎて通路側に膨らみ通りにくくなるほどです。


   s-P1220005.JPG
 北面のブラックベリーは殆どの枝をカットし北面の左半分に少しだけ蔓を這わせました。北面の右半分には黄色い小さな花が咲くミニバラの蔓を這わせました。


   s-P1220007.JPG
 剪定作業が終わったアーチです。左側の北面にはほとんどブラックベリーは残っていません。右側の南面にブラックベリーをまとめました。アーチの天井部分は南面の蔓を延ばしています。


   s-P1220008.JPG
 今日も沢山の剪定ゴミが出ました。昨日のデラウエアーの剪定ゴミと一緒に石窯の焼却炉で焼却しました。とても寒かったので身体がとても温まりました。
posted by モグじー at 18:12| 徳島 ☀| Comment(2) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

クリスマスローズの株分け

今から植え替えに行くよ!

 朝からレモンの樹の葉を水洗いしていると長女から電話が掛かってきました。クリスマスローズの植え替えをするとのことです。敬老の日が終わって花屋さんも少し暇が出来たようです。ログに庭が出来た時に最初に長女から頼まれたことはクリスマスローズをログの庭に植えることでした。長女はクリスマスローズが大好きでモグジーにしきりとクリスマスローズを勧めていましたが、モグジーがその気にならないので、自分の好きなクリスマスローズの苗を買ってログに持ってきました。取り敢えずログの庭に植えて置いて将来引き取りに来るとのことです。日陰に植えるよう言われましたので通路の横に植えていたのですが成長が芳しくありません。そこで、翌年、ブドウ棚の下に移したところ、その場所がクリスマスローズに適していたのか、それからはどんどん大きくなって毎年見事な花を咲かせてくれるようになりました。きれいな花を咲かせているクリスマスローズをモグジーも良いなと思うようになりました。長女の家ができ庭も落ち着いてきましたので、クリスマスローズを引き取ってもらうことにしていましたら、今日、株分けの電話が入った次第です。電話がかかってすぐに長女がやってきました。早速、モグジーは植え替えの手伝いをすることになりました。長女の話では地植えしたクリスマスローズは5年に一度ぐらい植え替えをしなければならないそうで、今回、やり方をおそわったら、5年後はモグジーが植え替え担当になるようです。



立派な株に

 クリスマスローズをログに植えて6年になりますが、肥料はほとんどやっていないのに、株がどんどん大きくなり今年の冬も沢山の花を付けてくれました。
地植えしたクリスマスローズの植え替えは大変でした。まず、株を掘り起こさなければなりませんが、移植ゴテでは全く歯が立たずスコップを持って来て、直径60aぐらいの円に沿って深さ20aまで掘り、根を切り離して株を地面の上に持ち上げました。とにかく株が大きくて二人でやっと持ち上げることができました。余分な土と古い根を落として株を3等分にしました。一つは再びブドウ棚の下に植え、二つ目は長女の家に植え、三つ目は鉢植えにしました。クリスマスローズは八重で色は白・ピンク・レッドの3色がありましたので、3つの株を植え替えるのに結構時間がかかりました。ログに預かる株は他の株が枯れても又株分けができるように確実に育てなければなりません。責任重大です。

   s-P9190003.JPG
 クリスマスローズの葉が広がっている範囲に円を地面に書き長女からここを掘るように言われ、スコップを円に沿って踏み込んでいきました。これは男性向きの仕事でした。


   s-P9190004.JPG
 円に沿って幅20a深さ20aの溝を掘っていきます。小石が混じっていましたが土は意外と柔らかかったため何とか掘り進めることができました。


   s-P9190006.JPG
 根の下にスコップを何度か入れて根を切り株を持ち上げると株が浮くようになりましたので二人で懸命に持ち上げました。根が良く張っていた為ビックリするほどの重さでした。


   s-P9190008.JPG
 株を三つに分けて一つは元の場所に植えました。5年に一度は根の整理をしてやらなければならないそうです。長女の庭でも頑張ってくれると良いのですが。
posted by モグじー at 22:27| 徳島 ☀| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

ブラックベリーのトンネル

きれいな花が咲きました

 ログのアプローチにあるブッラクベリーの花がきれいに咲いてブラックベリーのトンネルが華やかになってきました。このブラックベリーは本当に頑張り屋さんで、病気に強く、花はきれいで、美味しい実までなります。そして、樹勢が強いのでどんどん蔓が伸びてきれいなトンネルになりました。ただ、大きな毛虫がいるのと、熟したブラックベリーが上から落ちるのだけは要注意です。

   s-P5300005.JPG
 アプローチの左右と天井にブラックベリーが繁りきれいな花がさいています。これからどんどん花が増え、そして、沢山の実を付け始めます。そして、モグジーはジャム作りで忙しくなります。


   s-P5300004.JPG
 南側のブラックベリーはアプローチ側より南側の方に沢山の花が付いています。やはりお日様に向かって花も咲きたいのでしょう。
posted by モグじー at 16:34| 徳島 ☔| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月23日

アプローチが通れない

ブラックベリーが伸びてきました

 ログのアプローチにはブラックベリーを這わしたトンネルがあります。先日からブラックベリーの成長スピードがグーンと速くなり、トンネルの両側のブラックベリーが内側に向かってどんどん伸び人が通れるのは中央部のみとなってしまいました。妻から何とかしてと言われていましたので、今日、横に伸びたブラックベリーの枝を網を張って上方向に向けました。昨年までは、紐で押さえていたのですが、今年は10aマス目の網を使って枝を上に向けたところ、いい感じで仕上がりましたので、来年からはこの方法で決まりです。それにしても、このブラックベリーは物凄い樹勢です。最初に植えた時は長さ数十aの小さな苗でしたが、どんどん大きくなってトンネル一杯に広がっています。良く熟れると実が落ちてしまいますので、その種から苗が出てあちこちにブラックベリーが育ちますが、ほとんどは抜いています。先日ログに来られたOさんが持って帰って植えたいと言われましたので、2本ほど鉢に植えて持って帰ってもらいました。元気で育ってくれると良いのですが。

   s-P5230012.JPG
 5月に入るとブラックベリーの枝が中央に向かってドンドント伸びてきて歩くのに邪魔になりますので、キュウリ用のネットでブラックベリーの枝を押さえました。


   s-P5230011.JPG
 両側にネットを張ってブラックベリーの枝を押さえてやったところ、中央部に幅80aぐらい空間ができましたので、歩行の邪魔にならなくないました。


   s-P5230014.JPG
 ブラックベリーの枝には花が咲き始めました。淡いピンクのとてもきれいな花です。ブラックベリーは花だけでなく実も楽しめます。ログではこのブラックベリーが完熟すると収穫してブラックベリーソースやジャムを作ります。ブラックベリージャムはめずらしいのでお土産に好評です。甘酸っぱい味はパンにもヨーグルトにも良く合います。
posted by モグじー at 20:31| 徳島 | Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

春の花

色々な花が咲いています

 春らしく暖かい日が続いています。ログの庭にも色々な花が咲いています。もともと、花は妻の担当ですが妻は花屋さんで花の苗を買うことはほとんどなく、兄弟や子供の家に植えられた花で気に入ったものを持ち帰って植えています。ログが完成したとき、アプローチ沿いにはハナミズキやハナカイドウ、ロウバイ、ドウダンツツジなどきれいな花が咲く樹木も植えていましたが枯れたり果樹と選手交代したりで、ほとんど残っていません。果樹や野菜に比べると花を植えるスペースは少ししかありませんが、庭に咲いている小さな花を見るとホッとします。

   s-P4170001_R.JPG
 アプローチ沿いに植えられた10本のドウダンツツジの内5本だけが残っています。その中で一番元気なのがこの樹で今年も花をたくさんつけてくれました。


   s-P4170003_R.JPG
 妻の母が育てていた白ヤマブキを貰って帰って植えたものです。4本植えましたがどんどん広がりますので1本だけ残して後は掘り返しました。


   s-P4090001_R.JPG
 アプローチ沿いに植えてあるジューンベリーです。年々樹が大きくなっています。6月になると赤い小さな実がたくさん付きますが、熟れると甘くなって美味しく食べられます。


   s-P4170002_R.JPG
 楓に若葉が茂っていましたがあまりに込みすぎているので今日散髪してやりました。三分の二程度の小さな枝を切りスッキリさせてやりました。


   s-P4170007_R.JPG
 記念樹レモンの下にひっそりと花を付けているヒメツルソバです。次男のお嫁さんが植えていたものを分けて貰いました。元気でログを飾ってくれています。


   s-P4170008_R.JPG
 シュガーベイビーです。この花も何年か前に植えたものですが、毎年花を付けてくれます。


   s-P4170005_R.JPG
 タツナミソウです。2010年5月に妻が母親の育てていたものを持ち帰ったものです。祖母は山野草が好きでしたが、妻も山に咲く小さな花が好みです。


   s-P4170006_R.JPG
 同じく、同じときに持ち帰ってきたタツナミソウです。この花はブドウ棚の下で咲いています。


   s-P4170004_R.JPG  
 ログの庭に生えている雑草ですがあまりに可愛らしいので抜かずに置いています。あちこちで小さな花を付けていますが、今日ネットで調べてみたところマツバウンランという名前が付いていました。30aあまりの高さがありますので踏みつけられることはほとんどありません。雑草で抜かずに置いてもらえるのはこの花ぐらいです。
posted by モグじー at 22:57| 徳島 ☀| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月18日

クリスマスローズは満開に

今年もきれいに咲きました

 ブドウ棚の下に植えているクリスマスローズ。昨年花が終わった後、長女が葉の整理をしました。傷んでいた葉などを全てちぎり取り全体的にスッキリしましたが、かなり株が小さくなった感じでちょっぴり心配していました。しかし、冬になると新しい葉も伸びて順々に花も開き出し安心しましたが、それでも昨年に比べると花の数が少なくなっています。葉の量が大幅に減りましたので仕方のないことです。それでも、最近になって、花がどんどん増えて見事にクリスマスローズが咲き揃いまいた。今が一番のピークかと思い写真に撮りました。

   s-P3180009.JPG
 クリスマスローズが咲き揃ったブドウ棚の下です。今年は手前の八重のクリスマスローズが昨年以上に大きくなり、向こう側の一重に負けていない感じでなりました。


   s-P3180010.JPG
 心配していた一重のクリスマスローズですが、その後、葉や花がどんどん増えて見
事な姿となりました。葉もきれいな物ばかりとなりました。


   s-P3180011.JPG
 同じく一重のクリスマスローズです。モグジー夫婦はこの花を一番のお気に入りにしています。クリスマスローズは切り花にして花瓶に挿しておくといつまでもきれいに咲いていてくれます。


   s-P3180016.JPG
 今年初めて咲いたクリスマスローズです。八重や一重違った趣があります。今年はまだ10位しか花を付けていません。まだまだ株が小さい感じです。


   s-P3180012.JPG
 花の数が一段と増えた一重の淡いピンク色のクリスマスローズです。すべての花が下ばかり向いてしまいますので、本当に残念です。上を向いてくれるともっときれいなのに…。


   s-P3180015.JPG

 カメラを下に入れて花の中を写してみました。一つ一つの花がこんなにきれいなのです。本当に勿体ない感じがします。でも、これが良いのかでしょうか?。


   s-P3180013.JPG
 同じく一重のクリーム色のクリスマスローズです。こちらの方も随分大きくなりました。勿論、こちらの花も全て下向きとなっています。


   s-P3180014.JPG
 同じようにカメラを下に入れて写真を写してみました。上のピンクの物より更に控えめな感じがします。でも、一つ一つの花が本当にきれいですね。



スモモがやっと開花しました

こ のところテレビのニュースでは桜の開花が話題となっています。今年の冬は例年になく寒さが厳しかったので桜の開花も当然平年よりは遅れると思っていましたが、驚いたことに全国的に開花が早く、記録になっているところもあるようです。何らかの原因があると思うのですが、
自然は不思議なことばかりです。ログの果樹園に植えてあるスモモやアンズの木では早くから花芽が膨らみすぐにも花が開くかと期待して毎日のように観察していたのですが、やっと、今日になってスモモとアンズの花が咲き始めました。まだ開花した花の数はスモモで10ぐらいです。隣のアンズでは数個の花が開いていました。しかし、モモ太と桃子は蕾はピンク色になってきましたが、花が開くまでにはあと2.3日はかかりそうです。

   s-P3180017.JPG
 やっとスモモの花が開きました。今年は縮葉病予防のため石灰硫合剤を散布しましたが、どうなるのでしょうか。新しいスモモの苗も植えましたが、新しいスモモが成長するまで、今しばらくこのスモモにも頑張って欲しいと思っています。今年はスモモの世話も手抜きをしないで頑張るつもりです。











posted by モグじー at 22:17| 徳島 🌁| Comment(0) | 庭の木や花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

60才からの挑戦

QLOOKアクセス解析